Return to site

キャリアリーディング®︎のポイント❸

“ Keep or Down ”

· キャリアリーディング

前回、Down Point=挫折経験とお伝えしました。キャリアの中にDown Pointがある人は、そこでコンプレックスを形成していることが多いです。このコンプレックスが人格形成に影響します!

Down Pointは、大抵の場合挫折という感情を味わうので、人によっては卑屈になります。負けん気の強い人だと必ずリベンジしてやるとボーボー燃えています。前向きなハングリー精神に繋がるなら良いんですが、全員がそんなに良い人ではありませんからね…

そしてこの事から言えるのは、こうした感情は必ず仕事の進め方に表れる、ということです。

仕事経験(アルバイト除く)がある人ならわかると思いますが、仕事は人の本質が見えやすい場所です。

  • 物事の進め方
  • リスク管理
  • 責任感の度合い
  • 他人への怒り方
  • 勉強とは違う仕事への理解力
  • コミュニケーションの取り方 etc...

一緒に仕事をすれば、上述のようなポイントが嫌でも見えてきます。「この人友達なら良かったけど一緒に仕事すんのはやだわ…」なんて思ったこと、ありますよね。

そして、Down Pointを持つ人というのは、どこか自信がなくて優柔不断だったり、他人に嫉妬しいだったり、自分の非を素直に認めなかったりします。そんな人、周りに必ず1人はいますよね 汗。
 

つまり、キャリアリーディングができると予め相手の本質が読み解けるので、無駄にイライラすることが無くなります。だって相手がどういう人間でどんな事を言ってきそうか検討がつくからです。つまるところ、キャリアリーディングはドラゴンボールのスカウターのようだと思ってください!

キャリコン田中
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly